しがさか号の日報

休日にはマニュアル車を乗り回す会社員のブログ

関越ウォーク 高速ルート 10. 水上駅〜土樽駅

2016年8月16日(火)

国道291号 / 蓬峠

 

水上駅まで歩いてから1年、その先が気になって上越国境を越えてみました。

 

水上駅付近の宿に前泊し、朝の3時台に出発。土合から土樽までの山道を日没前に余裕を持って通過するためです。

 

国道291号を北上し、湯檜曽駅土合駅の前を通過。その先の登山指導センターで登山カードを書きました。

 

f:id:shigasaka:20201119204014j:plain

一ノ倉沢。舗装路はここまで続きますが、一般車輌が通行できるのは登山指導センターの少し手前までです。

 

f:id:shigasaka:20201119211701j:plain

一ノ倉沢からしばらくはこんな感じです。未舗装ですが、明治時代に馬車で上越国境を越えられる道として整備されたこともあり、登山道としてはゆとりが感じられます。

 

f:id:shigasaka:20201119205009j:plain

石が道標になっていました。ヨモギ方面へ。

 

f:id:shigasaka:20201119213103j:plain

白樺避難小屋。この少し先に清水峠方面(国道291号)と蓬峠方面の分岐があります。

 

f:id:shigasaka:20201119220440j:plain

蓬峠。群馬と新潟の県境で、標高は1,529mです。2015年8月に改築された蓬ヒュッテが右側に写っています。電波が通じていたので、Twitterで峠到着の報告をしました。

 

f:id:shigasaka:20201121221710j:plain

新潟側の眺望。遠くに関越自動車道が見えますが、そこに向けて下りていきました。

 

f:id:shigasaka:20201121231704j:plain

峠から3時間弱で、登山道からこんな感じの自動車も通行できる道に変わったような気がします。

 

f:id:shigasaka:20201121231321j:plain

土樽PAが見えてきました。あと少し。

 

f:id:shigasaka:20201121233646j:plain

土樽駅に到着。入口の左に写っている登山ポストに下山カードを投函して今回のウォーキングは終了です。