しがさか号の日報

休日にはマニュアル車を乗り回す会社員のブログ

羽越ウォーク ~After Mikuni~ 6. 越後寒川駅〜越後早川駅(逆向き)

2018年9月7日(金)

国道345号

 

今回は笹川流れに沿って歩きます。歩く方向が逆(東京方面)なのは、まだ羽越ウォークの構想がなかった2018年に鉄道旅行のついでに歩いたからです。

 

越後寒川駅を出たら駅前の道を右へ。羽越本線の踏切を渡ると国道345号に出ます。

 

f:id:shigasaka:20210627103919j:plain

国道345号に出るとすぐに狐崎。ここから鳥越山までの11kmの海岸線を笹川流れといいます。大小様々な岩が散りばめられた美しい海岸が続き、国の名勝および天然記念物に指定されています。

 

f:id:shigasaka:20210627185901j:plain

蓬莱山のあたり。

 

f:id:shigasaka:20210628103646j:plain

岩場だけでなく砂浜もあります。

 

f:id:shigasaka:20210628104458j:plain

眼鏡岩海岸。眼鏡のような形をした岩があります。桑川駅の近くから遊覧船に乗ると海上からの眺めも楽しむことができます。

 

f:id:shigasaka:20210628131639j:plain

弁天岩。鳥居があります。

 

f:id:shigasaka:20210628131909j:plain

鳥越山。笹川流れはここまでです。

 

f:id:shigasaka:20210628132527j:plain

奥州に落ち延びようとしていた源義経が馬を下りたといわれている馬下で、ドライバーも車から降りられるようになっています。笹川流れの地形が険しいため義経はここから鼠ヶ関まで船に乗ったらしいですが、現在は国道345号が整備されているので休憩が終わったら再び車に乗って問題ありません。

 

馬下の集落を過ぎると平地の幅が広くなり、笹川流れがすっかり終わってしまったことが感じられました。越後早川駅でウォーキングは終了。日没後も明るい待合室で休憩した後、新潟方面の列車に乗りました。

 

----------

 

おまけ:

 

f:id:shigasaka:20210628145154j:plain

この日の夕食はタレかつ丼にしました。新潟のかつ丼といえば、カツを卵でとじずに甘辛い醤油ダレにくぐらせたこんな感じのかつ丼です。

羽越ウォーク ~After Mikuni~ 5. 平林駅〜越後早川駅

2020年11月8日(日)

国道7号 / 国道345号

 

平林駅で列車から降りてウォーキングスタート。これで3日連続のウォーキングです。

 

f:id:shigasaka:20210605204850j:plain

羽越本線の西側の道を北上。線路の向こう側に国道7号も並行しています。

 

道の駅神林付近からは国道7号を北上。2.7km進み、田屋交差点を左折しました。

 

f:id:shigasaka:20210613150137j:plain

日本海東北自動車道と交差。丘陵が近く、トンネルも見えます。この丘陵の向こう側が村上の中心市街地です。

 

f:id:shigasaka:20210613154347j:plain

羽越本線の踏切の少し手前で右折し、村上駅に向かいます。丘陵の隙間を通るので、坂は緩やかです。

 

f:id:shigasaka:20210613164159j:plain

村上駅です。駅舎はレトロ調のデザインで、駅名の表記も「驛上村」になっています。手前に写っているやぐらは瀬波温泉の源泉やぐらがモチーフで、下部には村上大祭で曳き回されるおしゃぎり(山車)の車輪が収められています。

 

村上駅からさらに北上。肴町交差点付近からは国道345号を歩きました。

 

f:id:shigasaka:20210613170525j:plain

羽越本線と交差。歩道は線路の下、車道は線路の上を通るためこんな感じになっています。

 

f:id:shigasaka:20210616194536j:plain

瀬波上町交差点を右折し、三面川を渡りました。

 

f:id:shigasaka:20210616195706j:plain

しばらく進むと海が見えてきました。2日前の入船みなとタワー以来の海です。

 

f:id:shigasaka:20210616203733j:plain

三面川を渡った後は海岸近くまで山が迫り、風景が一変します。

 

f:id:shigasaka:20210616205405j:plain

国道345号は歩道がない場所が多いため、並行する車通りの少ない道も活用しました。

 

f:id:shigasaka:20210616212051j:plain

この日の昼食。「かもめ弁当」で購入した唐揚げ弁当です。

「かもめ弁当」は2021年3月末に一度閉店しましたが、同年4月24日から9月末まで期間限定で営業再開したらしいので、機会があれば。

 

f:id:shigasaka:20210616210504j:plain

唐揚げ弁当は少し先の海府ふれあい広場で食べました。虹が見えました。

 

f:id:shigasaka:20210617202951j:plain

昼食の後も国道345号に沿って北上。こんな感じで海側に岩や山があると、海が見渡せる場所よりも波の音が小さくなります。

 

f:id:shigasaka:20210617204529j:plain
f:id:shigasaka:20210617204430j:plain

この日は越後早川駅(写真右)をゴールとしました。1駅手前の間島駅(写真左)によく似ています。

 

f:id:shigasaka:20210617212038j:plain

列車が来るまで時間があったので、海岸に出ました。こういう空、好きです。

 

14時台の村上行きの列車に乗車。次の日から仕事だったので、新潟からは新幹線で帰りました。

羽越ウォーク ~After Mikuni~ 4. 新発田駅〜平林駅

2020年11月7日(土)

国道7号

 

この日は新発田駅からスタート。新発田駅前交差点から線路沿いの道を北東に進み、その道が線路から離れるすぐ手前で右折して踏切を渡りました。しばらく歩くと住宅地を抜け、高浜入口交差点で国道7号に出ました。

 

f:id:shigasaka:20210519213651j:plain

国道7号を村上方面へ。写真は加治郵便局付近の様子です。

 

f:id:shigasaka:20210519214515j:plain

加治駅を過ぎると金塚駅の少し先まで羽越本線と並びます。

 

f:id:shigasaka:20210523213216j:plain

羽越本線から離れると車線数が2から4に増えます。

 

水沢町交差点を左折。ここからしばらくは国道7号以外の道を進みます。

 

f:id:shigasaka:20210523215611j:plain

中条駅観光交流室でクッキーシューを買いました。中条(胎内市)が米粉発祥の地で、このクッキーシューにも米粉が入っています。

 

f:id:shigasaka:20210523223213j:plain

中条駅から10分ほど歩くと江上館跡があります。現在の胎内市を中心に、新発田市村上市関川村の一部にまで広がっていた荘園、奥山荘の遺跡(奥山荘城館遺跡)の一つで、15世紀には、奥山荘惣領地頭だった中条氏の武家居城がありました。ここを見学した後、すぐ隣にある奥山荘歴史館も見学しました。

 

胎内市役所の前を通過し、産業文化会館の前の道を北上。しばらく進むと市街地を抜け、田んぼが多くなります。

 

f:id:shigasaka:20210530214821j:plain

広域農道を道なりに進みます。

 

f:id:shigasaka:20210530221244j:plain

県道402号と交差する少し手前に「日本最古の石油発祥の地」の看板があります。日本書紀の記述から、668年にこの辺り(黒川)で採れた原油天智天皇に献上されたとされており、黒川が日本最古の石油発祥の地とされています。今回は訪問しませんでしたが、ここから東に2km離れた場所に黒川石油公園があり、今も原油が沸き続ける池を見ることができます。

 

国道113号に出たら右折し、十文字交差点を左折。ここからは再び国道7号を進みました。

 

f:id:shigasaka:20210531205744j:plain

米坂線と交差し、

 

f:id:shigasaka:20210531205932j:plain

荒川を渡りました。

 

この日のゴールは平林駅。小さな駅ですが、東口と西口があります。新潟方面の列車に乗る予定だったので国道7号に面している東口の方が便利だったのですが、何となく宿田交差点を左折して西口から入りました。